2月のオープンデーのお知らせです。


新しい年を迎え10日ほどが経ちました。昨年は、予約制という手数のかかる観覧方法にもかかわらず、近隣の方々を中心に美術館にお出かけいただき心より感謝しております。今年も引き続きよろしくお願いいたします。


2月のオープンデーは第一土曜日の2月5日(土)となります。申し込み締め切りはその1週間前の1月29日です。再び強まっている感染状況を鑑み、お受けする人数を控えつつお待ち申します。


なお、1月21日金曜日からは静岡県三島市にあるGALLERYエクリュの森にて髙﨑紗弥香展「水声のカノン」を開催致します。11年に及ぶ御嶽山との関わりの中で撮影された作品群の中からの新たなシリーズ「水声のカノン」が展示されます。


今回のタイトル中の「カノン」は同じ旋律を追いかけるように繰り返し奏でる技法のことですが、自然の営みが絶えることなく繰り返されることを御嶽山の中の湖面を撮影しながら髙﨑自身が体感した、その時の実感をもとに付けられたタイトルとのことです。どうぞ作品の前で特別な時間をお持ちいただければと願います。


また2月12、13日には名古屋観光ホテルで開催されるART NAGOYAにも髙﨑作品が登場します。GALLERYエクリュの森のブース1510室に加え、今回はVOLVOが主催する展示室「VOLVO ROOM」にも展示されます。そちらも合わせてお楽しみになさってください。なお、ご招待チケットが少し手元にありますので、ご希望の方はお知らせください。(無くなり次第ご対応できなくなってしまいますことをお許しください)


1月のオープンデーでは、写真集をデザインしてくださったデザイナーのかたが東京からいらしてくださいました。オープン以来の私どもの念願でもあったため有り難い思いでいっぱいになりました。多くの方のお陰で生まれた美術館であることを感謝し直したひと時でもありました。


予約制というスタイルを取らざるを得ない状況であることが心苦しいですが、少しずつ観覧がしやすくなるよう工夫して参りますのでお見守りください。今年が皆様にとって充実した素晴らしい一年でありますように。